2018年11月09日

似てますか?

どの学年も「作る」ことをしっかりと楽しんでいます。
年少さんも4人くらいが集まって、何となく話し合い、笑い合いながら
協力して、いろんなものを作ることができるようになりました。

そんな中、「これあげる」「せんせいのかおをかいた〜」と笑顔で届けてくれました。
「すごく似てる!」と言うととても嬉しそう!
PB080809.JPG
posted by のぶさん at 13:46| 広島 ☔| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

最近、なかなかいい釣果!

運動会の振替を使い岩国沖で釣りを楽しみました。
平日ということで船もまだら、、、
何処をどう釣ればいいのか分からない状態でしたが、周りの船や魚探を見ながら小魚の付き具合を見て行きます。
そしたら、ハマチ64センチが!

最近、なかなかの釣果が続いています!!
IMG_20181009_113415.jpg
posted by のぶさん at 00:00| 広島 ☁| ※diar(バイクと釣り情報です!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

釣り再開(大鯛70センチとサワラ)

最近、色々と忙しくしていてブログの更新をする時間とか気持ちの余裕がなかったのですが、そんなこと言ってられないし先ずは趣味の一つ、釣り情報を久々に更新してみます。

時々ですが、卒園生のお父さんに誘われて遊漁船で釣りを楽しんでいます。
今回は、鯛ラバという疑似餌を使った鯛釣りがメインです。
AM6:30に廿日市港出船し、40分くらいでポイントに到着。

いきなりきました。
o0650108014271982221.jpg

そして、
o0717108014271982339.jpg

また、
o0668108014271982264.jpg

最後に、
o0566108014271989469.jpg

鯛は70センチくらい!
サワラは100センチかな?
他にも沢山釣れました!!

このシーズン、70センチクラスは昨年も釣り上げたので、
そんなにビックリしませんでしたが
サワラは、狙っていたのでほんとうに嬉しい!!
初ヒットでした!

お父さんに感謝です、、、、、

そろそろアオリイカも大きくなてきているので、次回はアオリイカを更新できればと思います!

posted by のぶさん at 00:00| 広島 ☀| ※diar(バイクと釣り情報です!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

最後のプール

今シーズン、数えるくらいしかプール遊びにが出来ませんでした。
今朝のプールの水は、暑さのせいで見た目もかなり汚く、急遽、職員で大掃除を行いました。
だから朝から大忙し!古い水を抜き、きれいな水で最後のプールを全学年が楽しみました。いつもはホールで使っているトッポを今年は水に浮かべて船にして遊びました。小さなトッポは子ども一人乗り。大きなトッポは大柄な職員が乗っても浮かび、子どもは2人くらい乗って楽しむことができます。プールに遊具を加えることで、子どもたちは集い、ゆったりと過ごすことが出来ます。

P7110428.JPG
posted by のぶさん at 15:54| 広島 ☁| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

担任の仕事は、、、

フリーになり3ヶ月。一学期がもうすぐ終わりになります。
担任をしない状況は今だに新鮮ですが、同時にクラスを担当する保育者はかなりの仕事をしていることに気付かされます。
 現在の園児数は170名。この数字は、一人の保育者が名前と顔を覚えられる多分ギリギリの数として位置付け出しているのですが、実際、覚えるのは結構大変。人はこういうことが得意なタイプと、そうでないタイプといった個人差もあると思いますが、完璧に覚えるには、かなり意識していかなければなりません。
 今回、フリーになり子ども達と接している中で感じたのですが、現在、私自身、かなりの名前と顔を覚えていることに気付きました。多分、私は残念ながら得意でないタイプの方だと思うのですが、それでも苦手だと思うところが、スーッと頭に入っている様に思います。フリーをしていて全体の名簿を見る機会もありますし、バスに乗り、子ども達の顔を見ながら話をする場面や、担任が不在のクラスに入ることも割とあるので、きっと担任をしている時以上に、幅広く多くの子どもと関わりを持っているのだと思います。そしてそれは名前を覚えるきっかけになっているのだと感じます。
 担任をしていると、常に自分の担当するクラスの子どもを意識していきます。クラスの子どもたちの育ちや、友だち関係をはじめとした今の状況の把握。そして行事に向けての活動と、メインはやはりクラスの子ども達になってしまいます。これはごく自然に当たり前ではあるのですが、それだけ担任は常に我がクラスの子どもたちに目を向け、意識し、育ちを感じながら日々保育を展開しているのです。これってかなりの仕事量なんだなと改めて感じるところです。子どものことならなんでも担任に聞くべきでしょう。それだけ沢山関わり、色々な情報を持っていますので。そしてフリーは園全体の子ども達の幅ある姿を把握をしていくべきでしょう。担任が気づかない所を掴み、情報提供や交換することをが大切になってきます。
posted by のぶさん at 13:32| 広島 | フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする