2018年07月13日

最後のプール

今シーズン、数えるくらいしかプール遊びにが出来ませんでした。
今朝のプールの水は、暑さのせいで見た目もかなり汚く、急遽、職員で大掃除を行いました。
だから朝から大忙し!古い水を抜き、きれいな水で最後のプールを全学年が楽しみました。いつもはホールで使っているトッポを今年は水に浮かべて船にして遊びました。小さなトッポは子ども一人乗り。大きなトッポは大柄な職員が乗っても浮かび、子どもは2人くらい乗って楽しむことができます。プールに遊具を加えることで、子どもたちは集い、ゆったりと過ごすことが出来ます。

P7110428.JPG
posted by のぶさん at 15:54| 広島 ☁| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

担任の仕事は、、、

フリーになり3ヶ月。一学期がもうすぐ終わりになります。
担任をしない状況は今だに新鮮ですが、同時にクラスを担当する保育者はかなりの仕事をしていることに気付かされます。
 現在の園児数は170名。この数字は、一人の保育者が名前と顔を覚えられる多分ギリギリの数として位置付け出しているのですが、実際、覚えるのは結構大変。人はこういうことが得意なタイプと、そうでないタイプといった個人差もあると思いますが、完璧に覚えるには、かなり意識していかなければなりません。
 今回、フリーになり子ども達と接している中で感じたのですが、現在、私自身、かなりの名前と顔を覚えていることに気付きました。多分、私は残念ながら得意でないタイプの方だと思うのですが、それでも苦手だと思うところが、スーッと頭に入っている様に思います。フリーをしていて全体の名簿を見る機会もありますし、バスに乗り、子ども達の顔を見ながら話をする場面や、担任が不在のクラスに入ることも割とあるので、きっと担任をしている時以上に、幅広く多くの子どもと関わりを持っているのだと思います。そしてそれは名前を覚えるきっかけになっているのだと感じます。
 担任をしていると、常に自分の担当するクラスの子どもを意識していきます。クラスの子どもたちの育ちや、友だち関係をはじめとした今の状況の把握。そして行事に向けての活動と、メインはやはりクラスの子ども達になってしまいます。これはごく自然に当たり前ではあるのですが、それだけ担任は常に我がクラスの子どもたちに目を向け、意識し、育ちを感じながら日々保育を展開しているのです。これってかなりの仕事量なんだなと改めて感じるところです。子どものことならなんでも担任に聞くべきでしょう。それだけ沢山関わり、色々な情報を持っていますので。そしてフリーは園全体の子ども達の幅ある姿を把握をしていくべきでしょう。担任が気づかない所を掴み、情報提供や交換することをが大切になってきます。
posted by のぶさん at 13:32| 広島 | フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

プール遊びをしっかりと楽しんでいます!

プール遊びもだいぶん板に浮いてきた子ども達。初日と比べ、長い時間しっかりと浸かり遊ぶ子が増えてきました。はじめの頃ほど気候的に寒い!と言ったこともあり、途中でプールを辞める子もいましたが、今では水に慣れ、友だちと水を使って遊ぶのが楽しくなってきている様です。プール時間の30分をしっかりと楽しむ姿があります。プール遊びは年少さんから始まり、年中、年長順で行い、年長になるほど水深も深くなっていきます。
posted by のぶさん at 16:01| 広島 ☁| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

絵本一つ選ぶにも、、

 この時期、昨年度の年長担任は小学校との連絡会に出かけます。連絡会は午後に行われるため、担任が留守になるクラスがあり、そこへ私が入ることになります。色々なクラスに入ることができるのは、フリーの特権でもありますし、正直、担任がいない!と聞くと内心「やった!」と喜んでいる自分がいます。昨年度は年中の担任をさせてもらったことで、年長のクラスに入ると懐かしさを感じますし、子どもたちも「あ、、」って感じで良い表情を見せてくれます。
 しかし、突然クラスに入ることの難しさも感じます。読む絵本一つを選ぶにしても、今、この瞬間に読みたい!と感じるものや、この物語性の深みある絵本をクラス全員が聞いてくれるだろうか?と考えると、クラスの「今」に適した絵本ですら選ぶことが出来ないのです。それでも、こんな時にはチャレンジをせずに、一歩さがり必ず全員が食いついてくれる自信のあるものを選び読む様にしています。

きっと担任だったらもう少し違うものを選ぶのでしょう。
P6080250.JPG
posted by のぶさん at 15:39| 広島 ☔| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

春から夏へ

園庭に小さな畑を作り何年か経ちますが、今ではその活動も子どもたちの生活に定着してきました。年間で収穫している野菜は、サヤエンドウ、ジャガイモ、タマネギ、オクラ、トマトと、子どもたちの作ってみたい!や、食べたい!を取り上げながら野菜を選び育てています。
先日、春野菜収穫の時期を終え、夏に向けての野菜作りが始まりました。中心になるのは年長児です。夏の合宿に食べることも含めての活動になります。

P5180188.JPG
posted by のぶさん at 13:26| 広島 ☔| フリーだより(平成30年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする